トピックス

​第10回ゲレンデジャックのご報告

2020.01.27

このたびは、日本痛板協会主催、第10回ゲレンデジャックにご来場いただき、誠にありがとうございました。

本年は雪不足の影響により、急な会場変更に伴い、参加者並びに開催地としてご協力いただきました日本スキー場開発様、ゲレンデジャックにご協賛・ご協力いただきました各企業の皆様には多大なるご迷惑をおかけしたこと、心よりお詫び申し上げます。

 

無事に開催できたのも、ひとえに皆様方のご理解とご協力のおかげでございます。心より感謝申し上げます。

また、皆様のご協力とともに、手前味噌ながら実行委員会スタッフの皆様の尽力もあってこその結果と感じております。この場を借りて御礼申し上げます。

 

さて、当イベントは2日間とも天候に恵まれ、延べ300名の参加者を記録し、参加者の懇親会となるナイトパーティーに至っては過去最高となる179名がご参加くださいました。

イベントではスキー・スノーボードの試乗会やワックスサービス、特別ゲストを招いてのアニソンDJタイム、ジブコンテスト等、様々な催し物が行われ、特に当協会オリジナルキャラクターのキャラクターボイスを担当していただいている声優の方をお呼びしてのトークショーでは最高の盛り上がりをみせていました。

記念すべき10周年のイベントとして最高のものになったと感じております。

 

今後とも、ウィンタースポーツの普及と発展に、”痛板”という私たちにしかできない新たなアプローチを使い貢献していく所存です。

これからも変わらず、日本痛板協会並びに”痛板”をご支援とご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

 

また、2020年3月に開催予定のゲレンデジャック10.5におきましても、雪不足により会場の手配を始め、無事イベントが開催できるよう尽力しております。

情報公開が遅くなり参加者、関係者の皆様には再度ご迷惑おかけしておりますが、あたたかい目で見守っていただけると幸いです。

 

 JIBA 日本痛板協会 GJ実行委員会

JIBAを結成した第3回から早8年、スタッフとして痛板と歩んで参りましたが、初期の頃より参加いただいている方々が今も変わらずイベントに顔を出している姿を見かけ本当に痛板が大好きなんだと感じています。

また、回を重ねるごとに参加者が増え、”痛板”を知りウィンタースポーツを始めたという方もたくさんいらっしゃいます。

本当に、ここまで続けてきて良かったと心から思っております。

 

痛板の皆様からのあれがやりたい!、これをやってほしい!という意見を集め、実現にむけてがむしゃらに動いた8年間でした。

実行委員会は皆様の熱い気持ちをサポートするために存在し、主役は参加者の皆様です!

それはこれからも変わらず、皆様の熱い気持ち(要望・意見)を待っております。

 

「ゲレンデジャックをずっと続けてほしい」。。そんな声もたくさんいただいています。

実現させていきたいですね! いや、必ず実現させていきましょう!

20年30年.....100年続くイベントにします!

これからも全力で!みんなで作り上げるゲレンデジャックを共に目指しましょう!!

 

P.S. スタッフも常に募集しています!

  イベントを陰から支える存在に、私たちと一緒にやってみませんか!?

  ご連絡お待ちしてます!

 

 JIBA日本痛板協会 GJ実行委員会 代表 豆助

バナー1.png
バナー2.png
AXE
AMAX_edited.jpg
シーメンテ

JIBA日本痛板協会

オフィシャルブログ

​管理人の嫁の趣味と

痛板のブログ

ハヤシワックス
HP用バナー.jpg
vail
マプラス
モリヤマスポーツ
Screenshot_2019-03-14 雪将軍|スキー、スノーボードチューン

© 2018  JIBA Official Web Site . Proudly created with Wix.com